ウォーターサーバーこの一点

人気記事ランキング

ホーム > > SEOのコンテンツ作成は投資と同じ

SEOのコンテンツ作成は投資と同じ

アクセスした人にとって役に立つ情報を作りこんだコンテンツというのは、それ単体で即コンバージョンに直結しなくても、顧客にニーズを自覚させ、注文を促進する効き目を発揮します。

具体的に言えば「お風呂のバリアフリーリフォーム? どうせ高いんだろうから、しないよ」と考えている潜在顧客であっても、「入浴時の突如とした温度変化がもたらすヒートショックによる絶命者数は、交通事故の絶命者数を圧倒的に上回っている」といったデータや「バリアフリーリフォームには補助金が下りるためお安くできる」といった情報を公開したら、考え方が一気に変わるかもしれません。

こうした顧客育成効果をウェブマーケティングではリードナーチャリングと言います。

顧客の心理ステップに適したコンテンツをサイト内に揃えることで、集客⇒顧客育成⇒クローズまでのプロセスをオートメーション化することが可能です。


いましがた、コンテンツSEOではアクセスした人に必要なデータを公開することでオートマチックに育成できる(リードナーチャリング)というご説明をしました。

顧客育成がオートマチック化されるということは、お客様と対面する営業社員や販売スタッフが徹頭徹尾すべての情報を案内する苦労が省けることになります。

それから、来店するお客様やお電話してくるお客様も、前もってサイトの情報を確かめてからリアクションを取るため、相談や質問のポイントが明確にされ、申込み・注文までの決断が高速化します。

グーグルのリサーチによると、現代の顧客の80パーセント以上は来店や商談前にインターネットで収集したデータがポイントになって、購入する販売商品・サービスを決めているといったデータがあります。すなわち、インターネット上の情報提供を密にしている会社は顧客獲得の面で間違いなくプラスになるということです。

これをZMOT理論と言います。


その上、営業社員や販売スタッフにはブレイクタイムが不可欠ですが、会社ホームページは24時間体制で・1年を通してかたときも休まずに、商品・サービスのPR宣伝やお客様への情報提供を続けてくれます。


さらに、充実したコンテンツを会社ホームページ内にアップするほど、アクセスした人の信頼度がアップし、注文・申込みにつながる可能性が上がります。

具体的に言えば、あなたがお風呂場のリフォームを検討しているときに、次のA工務店とB工務店のサイトにアクセスしたとします。

あなたはどっちの会社にリフォーム工事をオーダーしたいと思うでしょうか?

【A工務店のサイト】
「対応できるリフォーム一覧」のページに「お風呂のリフォーム」といった一文のみが書かれている。

【B工務店のホームページ】
「お風呂のリフォーム」を紹介する単独ページがあるだけでなく、「高齢者の入浴時のリスク」や「リフォーム時に活用できるお得な補助金」等の解説コンテンツが充実している。

それから、浴室暖房や手すりの据え付け、床材の張替え等のリフォームのメニューに関しても、画像付きで入念に説明されている。

ウェブ上の情報だけで決めるなら、はるかにB工務店に問い合わせると思います。

B工務店の方が積極的に情報発信しているため、リフォームを相談した時も親身になって対応してくれそうです。
それから、お風呂場のリフォームを何件も手掛けた建築のエキスパートとして、豊富なノウハウと経験を備えていることが汲み取れるので信頼感も湧いてきます。

【2020年】SEO対策における良質なコンテンツとは?